公社の概要

公社の概要

農業公社とは
農地利用集積円滑化事業を柱として、地域農業の確立のため規模拡大や担い手の育成を図り、大田原市の農業の振興と、農村の活性化を促すため設立されたものです。

公益財団法人 大田原市農業公社概要

沿革 平成8年1月31日  財団法人大田原市農業公社設立
平成17年10月1日 財団法人湯津上村農村活性化センターを統合
平成25年4月1日  公益財団法人として認定を受け、名称を公益財団法人大田原市農業公社に改める。
基本財産 6,050万円
所在地 栃木県大田原市本町1丁目3番3号 大田原市総合文化会館 内
設立者 大田原市・那須野農業協同組合
役 員 理事長  津久井 富雄(大田原市長)
副理事長  屋代 重夫(那須野農業協同組合代表理事組合長)
組織体制

評議員会 ―【理事会―理事長・副理事長】―【事務局―事務局長】
(6名)      (6名)          (7名) 

主な事業

1 農地利用集積円滑化事業 担い手等に農地を集積し効率的利用を図ります。
2 農地売買等契約支援事業 栃木県農業振興公社や大田原市と連携し売買等の契約の支援を行います。
3 農業体験事業 農業体験等を通して農業農村に対する理解と交流促進を図ります。
4 与一の郷ごころ便事業 当市の農産物・加工品を県内外にPRします。
5 認定農業者支援事業 担い手育成の一環として、認定農業者会の支援を行います。