農地の貸借・売買

農地所有者代理事業

円滑化団体(大田原市農業公社)が農地所有者から委任を受けて、所有者を代理して農地の貸し付け・売渡を仲介・斡旋を行う事業です。

農地所有者代理事業

農業公社の役割
農業公社は農地の所有者から、貸出し委任(委任契約)により仲介・斡旋を行い農地の効率的利用・農地の面的集積を図ることを目的とし、地域農業の担い手(認定農業者等)に貸付けを行います。

農地所有者代理事業 活用のメリット

農地所有者に代わって、賃借契約書の作成など委任を受けて行います。賃借期間等が明確になり、賃借のトラブルを防げます。また、賃借等の条件面で公社が仲介する役割を担います。